Photo: Bombus terrestris

「セイヨウ情勢」ウェブサイトは、市民参加型の監視活動(モニタリング)を通じてみなさんからよせられたセイヨウオオマルハナバチの捕獲・目撃情報を公開しています。

外来種対策においては、「市民参加型モニタリング」が重要な役割を果たします。多くのみなさんのご協力を得ることで、対象とする外来生物のきめ細かい継続的な広域モニタリングが可能となります。そして外来生物の現状を正確に把握することができれば、必要とされる対策もタイミングよく進めることができます。

このウェブサイトは、参加型モニタリングの運営者(東京大学保全生態学研究室、DIASプロジェクト)および参加者間の双方向性の情報交換を支援することを目的として立上げました。2015年5月からは北海道生物多様性保全活動連携支援センター(HoBiCC)が、東京大学保全生態学研究室よりその運営を引き継いでいます。北海道では、現在セイヨウが急速に分布を拡大しつつあり、在来のマルハナバチと植物の共生関係への悪影響が懸念されています。2006年度から環境省や北海道による防除事業とも連携したモニタリングが展開されてきました。 モニタリングにより集められた情報をリアルタイムで公開することで、モニタリングに参加されている市民や行政のみなさんに最新の情報を提供し、より効率的なモニタリングに役立てていきたいと考えています。

このウェブサイトは「今、どこで、どれくらいとれていますか?」「どこに行けばとれますか?」「どこで調査をすれば効果的な対策になりますか?」「全体で何頭くらいとれていますか?」などの疑問に対して、最新の答えを提供しています。いつ、どこで、どれだけ、どんな状況でセイヨウが捕獲されたのかを、一覧形式や地図形式、グラフ形式などで閲覧できます。

app-seiyou

詳細はこちら: http://www.seiyoubusters.com/seiyou/