2018年8月1日

DIASシンポジウム2018「地球環境データ・アプリケーション事業推進に向けて」

 
8月31日(金)、DIASシンポジウム2018「地球環境データ・アプリケーション事業推進に向けて」を開催します。本シンポジウムでは、特に水災害の軽減に焦点をあてつつ、地球規模のSDGs推進に貢献が期待される、DIAS上で研究開発を行っているアプリケーション群を紹介します。その後、自治体、開発銀行、データプラットフォームの関係者と共に、地球環境に関する課題解決を進める各種事業におけるDIASの利用可能性に関して議論を行います。

日時:2018年8月31日(金)13:30 – 18:30(開場13:00)
会場:一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC) コンファレンスルーム1
住所:東京都港区虎ノ門3丁目17-1 TOKYU REIT虎ノ門ビル2階
アクセス:東京メトロ日比谷線「神谷町」駅下車 3番出口より霞ヶ関、虎ノ門方面 徒歩1分 地図
定員:100名

お申込みはこちら
※定員になり次第締め切りとさせていただきますので、お早めにお申込ください。


プログラム

※現在、登壇者およびプログラムの調整中です。追って更新いたします。

13:30 - 13:35
オープニング
文部科学省 (登壇者調整中)
13:35 - 13:55
基調講演
池内幸司講演タイトル調整中
池内 幸司 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 教授
1982年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、建設省に入省。内閣府(防災担当)参事官、国土交通省河川計画課長、近畿地方整備局長、水管理・国土保全局長、技監、国土交通省顧問などを経て2016年10月より現職。京都大学客員教授、筑波大学客員教授、日本大学客員教授、東京工業大学非常勤講師、中央大学兼任講師などを歴任。専門分野は、水害等の自然災害に対する防災・減災対策、良好な河川環境の保全・復元、老朽化が進むインフラの戦略的な維持管理・更新など。博士(工学)(東京大学)、技術士(総合技術監理部門、建設部門)
13:55 - 14:10 DIASの全体概要及びビジネス展開に向けた今後の方向性
井上 準二(一財)リモート・センシング技術センター 常務理事
1974年、三菱商事入社。宇宙事業開発(観測・通信衛星)を担当。1993年、MIC Palo Alto事務所長。MC Silicon Vally社長兼務。1997年、三菱商事情報産業総括部長。2000年、MIC NY上級副社長。2003年より2011年まで、三菱商事執行役員、アイ・ティ・フロンティア社長、同会長等を歴任。現在、リモート・センシング技術センター常務理事。東京大学工学部卒。
14:10 - 16:30DIASアプリケーションの開発と活用への期待 – SDGsへの貢献

講演者:
小池俊雄 国立研究開発法人 土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター(ICHARM)センター長
関根正人 早稲田大学理工学術院教授
皆川昇 長崎大学熱帯医学研究所 病害動物学分野教授
松尾隆 アジア開発銀行 駐日代表
浜田崇 長野県 環境保全研究所 自然環境部 温暖化対策班
(他調整中)
16:30 - 17:30
パネルディスカッション
登壇者を迎えてのパネルディスカッション
モデレータ:
本郷尚(株)三井物産戦略研究所 シニア研究フェロー(DIASプロジェクトマネジャー)
17:30 - 17:35
クロージング
 本郷 尚(株)三井物産戦略研究所 シニア研究フェロー(DIASプロジェクトマネジャー)
国際排出量取引協会理事、ICAO市場メカニズムタスクフォース委員、GLOBE Japanアドバイザーなど。日経産業新聞「Eの新話」連載(2010年~)、Managing the Transition to Low Carbon Economy(共著)など。元国際協力銀行特命審議役。
- 18:30ポスター展示

ダウンロード

本シンポジウムの印刷用ポスターを下記のリンクよりダウンロードいただけます。
ポスターダウンロード(PDF)

お問合せ

DIAS事務局:
一般財団法人リモート・センシング技術センター