DIAS発展の歩み

データ統合・解析システム(DIAS)は、1980年代に東京大学生産技術研究所高木幹雄教授が中心となり開発を開始した地球環境データレポジトリから始まり、数多くのプロジェクトの支援を受けながら発展を続けてきました。

2006年度から国家基幹技術 海洋地球観測探索システム「データ統合・解析システム」として第I期プロジェクトを開始し、2010年度にはプロトタイプが開発されました。これにより、世界で初めて多種多様かつ大容量な地球観測データ、気候変動予測データ等を統合的に組み合わせ、水循環や農業等の分野における気候変動の影響評価や適応策立案に資する科学的情報を提供するプラットフォームが実現しました。

2011年度からは「地球環境情報統融合プログラム(DIAS-P)」と名称を変更し、第II期としてDIASを社会的、公共的インフラとして実用化するための更なる高度化、拡張が実施されました。

2016年度からは「地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム」として第III期が開始され、気候変動適応・緩和等さまざまな社会課題の解決に貢献するアプリケーションの稼動とサービス提供を目指した、長期的安定的な社会基盤としてのシステム構築および運用が開始されております。

ウェブアーカイブ

第II期 地球環境情報統融合プログラム(DIAS-P)ウェブサイトアーカイブ